健康育成計画┃ヘルニア治療は痛みも少ない治療法で改善

腰痛

ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアという言葉を聞いたことはありませんか。椎間板ヘルニアの痛みはハリで刺されたような小さな痛みから始まり、進行すると歩行や脚部の麻痺などの傾向が見られます。

詳細を読む

主な原因

椎間板ヘルニアの主な原因として、何らかの形により椎間板が破れ髄核が漏れることだと言われています。この椎間板が破れてしまう大きな原因は日常生活や椎間板に衝撃を与えてしまう事が原因だと言われています。

詳細を読む

検査や治療

椎間板ヘルニアである場合、整体やマッサージを行なうと大変危険です。そのため、すぐ病院で診断を受ける必要があります。治療方法は初め三ヶ月は保存的治療でそれでも改善が見られない場合は手術となります。

詳細を読む

治療方法を確認

鼠径ヘルニアの手術は治療実績がある病院を選択すると良いですよ!多くの患者から信頼されているコチラを利用すると良いでしょう。

立ってても座っていても辛いヘルニアになってしまったら、こちらで紹介している効果のある治療方法を試して改善しましょう。

痛みなしで治せます

身体の各部位の位置は正常である限り、支障を感じることなく活動することが出来ます。しかし、何らかの理由で本来ある一から突出してしまう症状であるヘルニアは、一般的に激痛を齎しますから治療が必要です。代表的な症例の椎間板ヘルニアは、二足歩行である人間に特有な症状として知られています。 椎間板ヘルニアの治療方法として従来から行われていた一般的な手術では、全身麻酔を行う手術時間が長くて経過観察も含めて入院期間も長期に及ぶことが珍しくありませんでした。しかし、近年導入が進んでいるレーザー手術は、局所麻酔の上で数分のレーザー照射で手術は終了することが一般的で、当然入院も不要です。また、痛みもほとんど感じることなく治療が行われます。

ヘルニア予防が大切です

人間は二足歩行をするために直立状態になるので、椎間板に多大な負荷がかかることからヘルニアが発症し易いと考えられています。しかし、人間社会で活動をするためには不可欠な行動なので、日常的に予防を行って症状の悪化を防ぐように注意することが大切です。 基本的に椎間板に負担となる姿勢を長時間維持しないことが大切なので、可能な限り座りましょう。横たわることが可能ならば、更に負荷を軽減できます。中腰は非常に負担になって将来的な椎間板ヘルニアの遠因となることが多いので、長時間継続する際には注意しましょう。また、体重が増加すると当然負担となるので、食事管理も重要です。一方で、既に傷みがある場合や治療後には過度の重量物を持つ際に注意が必要です。